Gamerch
『NBA 2K22』/『NBA 2K23』攻略Wiki

『NBA 2K22』マイキャリアでおすすめのバッジ(ディフェンス、リバウンド編)

最終更新日時 :
1人が閲覧中

【お知らせ】

本Wiki内の『NBA 2K22』の記事を『NBA 2K23』の記事に更新しています。

『NBA 2K22』でディフェンス/リバウンドジャンルのおすすめのバッジを紹介しています。マイキャリアで選ぶバッジに迷った際や、選手が持っていると強いバッジを紹介しているのでプレイの参考にしてください。

オススメバッジ

ディフェンス/リバウンドバッジとは?

ディフェンス/リバウンドバッジは、相手オフェンスを止める際に使えるバッジです。

基本的に自チームのオフェンス→相手のオフェンス→自チームのオフェンス……と試合が展開するので、オフェンスで活躍するバッジと同じくらいディフェンスは重要な要素です。

体格的にディフェンスが難しい場合などはディフェンスバッジの取得をしないビルドも考えられますが、基本的にはディフェンス用のバッジを獲得しておいた方が安定して活躍出来ます。

ディフェンス/リバウンドバッジの種類

ディフェンス強化ディフェンス能力を強化する。

ディフェンスをメインに活躍する選手を作成したい場合はまず獲得したいバッジ。
シュート成功率減少相手のシュート成功率、あるいは能力を減少させる。

ディフェンスを主軸にしていない選手でも相手のシュートを止めやすくなるのが魅力。
リバウンド強化リバウンドを強化する。

リバウンドはオフェンスでもディフェンスでも行うので使用頻度は高い。
ドリブル対策ドリブルムーブで抜かれづらくなる。

相手のドリブルムーブを起点とした得点が目立つ場合は獲得したいバッジ。
スティール強化相手ボールを奪いやすくなるバッジ。

ディフェンスの中でもかなり攻めに近いバッジ。オフェンス色が強い選手にもオススメ。
ブロック強化相手シュートをブロックする能力を強化するバッジ。

ディフェンス性能が高い選手なら特に活躍出来るバッジ。
スクリーン強化スクリーンを強化、あるいは対策するバッジ。

スクリーンを頻繁に使う場合、またスクリーンを対策したい場合には装備したい。

ディフェンス強化

シンプルにディフェンス能力を強化するバッジです。

ディフェンスが得意な選手を作りたい場合、ディフェンス能力を高めるこれらのバッジを所持しておくと良いでしょう。

バッジ名効果
クランプ
クランプ
ボール保持者に体当たりまたはヒップライドを行う際、ディフェンダーのより素早いカットオフムーブが可能になり、体当たりまたはヒップライドの成功率も上昇する。
ポスト ロックダウン
ポスト ロックダウン
選手のポストでのムーブを効果的に防御する能力を強化し、対戦相手を取り除く機会が増える。
リムプロテクター
リムプロテクター
シュートブロック能力が上昇し、ダンクされる可能性も減少し、特別なブロックアニメーションがアンロックされる。
疲れ知らずのディフェンダー
疲れ知らずのディフェンダー
ディフェンダーがよりアグレッシブにディフェンスをする際、普通の選手より失う体力が少なくなる。
ディフェンスリーダー
ディフェンスリーダー
コートにいるときにチームメイトの防御能力を高める。

シュート成功率減少

相手のシュートが成功しなければ失点にはならないので、シュート成功率を下げるバッジはどんな選手でも装備して損の無いバッジです。

具体的にやりたいディフェンスが分からない場合は、とりあえずシュート成功率を減少させるバッジを所持しておけば間違いありません。

バッジ名効果
インティミデーター
インティミデーター
オフェンス選手はこのバッジを持つ選手と相対するとシュート成功率が下がる。さらに敵をマークしているときもシュート防御率ブーストが付与される
メナス
メナス
良いディフェンスを行うと、相手をガード中または前に立っているときに相手の能力を低下させる。

リバウンド能力強化

リバウンドはオフェンス時もディフェンス時も行いますし、どちらも得点に深く関わってくる重要なプレイです。

オフェンス面を重視した選手を作成する場合でも、リバウンドを強化するバッジを獲得しておくのは有効です。

バッジ名効果
ボックス
ボックス
リバウンド前に相手選手をボックスアウトする能力を強化する。
リバウンド チェイサー
リバウンド チェイサー
通常より遠距離からリバウンドを追いかける能力が上昇する。
ワーム
ワーム
ボックスアウトを受ける際、リバウンダーがそれを通り抜け、良いリバウンドポジションにたどり着く確率が上昇する。

ドリブルムーブ対策

相手のドリブルムーブに対してしっかりとついていけるようになるバッジです。

主にペリメーター内に切りこんで来るタイプの選手とのマッチアップで活躍するバッジで、頻繁にドリブルで抜かれてしまう、という場合は是非獲得しておきたいバッジです。

バッジ名効果
アンクルサポーター
アンクルサポーター
相手のドリブルムーブによってつまづいたり、転んだりする確率が低下する。
オフボールの天才
オフボールの天才
オフボールの際、選手が通り抜けることがより困難になる。マッチアップ相手をつかみ、ホールドするため、足首の負傷が通常より減少する。

スティール強化

相手が持つボールを奪えれば、相手のオフェンスを止めた上で自チームのオフェンスに移るチャンスを作ることが出来ます。

決まれば強力な行動なので、スティールに挑戦したい場合は是非獲得しましょう。

バッジ名効果
ボールストリッパー
ボールストリッパー
ゴール近くでレイアップかダンクを行う相手のボールを奪う確率が上昇する。
ピックポケット
ピックポケット
ボール保持者からボールを奪おうとする際、スティールの成功率が上昇し、ファウルの確率が減少する。さらに、レイアップの成功率も上昇する

パスカット強化

相手のパスを妨害する際に有利に動けるバッジです。

パスカットを行い相手ボールを奪えれば、オフェンスを止めるだけでなく得点のチャンスも作れるので一石二鳥です。

ディフェンスだけでなくオフェンス面でも活躍したい場合はオススメのバッジです。

バッジ名効果
インターセプター
インターセプター
パスティップまたはパスカットの成功率が大きく上昇する。

ルーズボール獲得強化

頻繁に起こることではありませんが、選手がボールを落としてしまうルーズボールで素早くボールを獲得したい場合は「ハスラー」が使えます。

バッジ名効果
ハスラー
ハスラー
ルーズボールで相手に競り勝つ能力が上昇する。

ブロック能力強化

相手シュートをブロックする能力が強化されます。

シュートブロックが決まれば相手の得点を防げますので、ディフェンス能力が高い選手を作りたい場合は獲得したいバッジです。

なるべく背が高い選手、ジャンプ力が高い選手だとブロックを行いやすくなります。

バッジ名効果
チェイスダウンアーティスト
チェイスダウンアーティスト
ブロック直前にオフェンス選手を追いかけている際、スピードとジャンプ力にブーストが付与される。
ポゴスティック
ポゴスティック
選手がジャンプからの着地後に素早く回復して再びジャンプできるようになる。これはリバウンド、ブロック、ジャンプシュートでジャンプしたあとに影響する。

スクリーン能力強化、スクリーン対策

ブリックウォールを獲得しておくと、スクリーンを行った際のリターンが大きくなります。積極的にスクリーンを行う場合は獲得しておきましょう。

ピック回避巧者はスクリーンをされた際に相手を抜きやすくなります。相手のスクリーンで攻勢が止まってしまう場合は獲得しておくと良いでしょう。

バッジ名効果
ピック回避巧者
ピック回避巧者
防御中に選手がスクリーンを抜ける能力が上昇する。殿堂入りレベルでは、パークやブラックトップでスクリーンを突き抜ける事が出来る。
ブリックウォール
ブリックウォール
【PS5版】
ディフェンダーがスクリーンを回り込むのが難しくなり、相手選手からバックダウンされにくくなる。ブリックウォールから接触された選手は通常よりさらにエネルギーを失う。殿堂入りレベルでは、パークやブラックトップで激しいスクリーンをする。
【PS4版】
このバッジは、ディフェンダーがスクリーンを回り込むのを難しくし、オフェンダーからバックダウンされにくくします。


NBA攻略Wikiのトップに戻る

コメント (オススメのバッジ(ディフェンス、リバウンド編))

新着スレッド(『NBA 2K22』/『NBA 2K23』攻略Wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる