Gamerch

【NBA2K21】初心者必見!ディフェンス講座

最終更新日時 :
1人が閲覧中

NBA2K21のディフェンス講座を掲載しています。ディフェンスをする際のコツや覚えておきたいコマンドなど記載しているので気になる方はぜひご覧ください。

ディフェンス講座作成

※下記、PS4版のコマンドで解説しています

ディフェンスのポイント

ディフェンスを極める事で勝利に繋がる

バスケットボールにおいてディフェンス(守備)は自分のエリアを守り、得点を阻止しながらボールを奪う役割のポジションです。

オフェンス(得点)によるシュートによって試合が決まるイメージがありますが、攻防の激しいバスケットボールでは、敵の得点を阻止した際に奪ったボールから勝利につながる事が非常に多い事があります。

覚えておきたいディフェンス

ブロック

ブロック説明gif

コマンドシューターの近くで△を押す。

ブロックは、シューターの近くで△を押して使用します。

シューターからの攻撃を阻止しするディフェンスの基本となる重要なテクニックですので、是非とも覚えておきたい技です。

ハンズアップ

ハンズアップ説明gif

コマンドRスティックを上に倒し続ける。

ハンズアップはRスティックを上に倒し続ける事で使用できます。

敵シューターがシュートを狙う際に手を上げて攻撃を阻止する技です。

シュートを妨害する確かな効果のある技ですので積極的に狙っていきましょう。

厳しいディフェンス

厳しいディフェンス説明gif

コマンドL2を長押しで、腰を落としてディフェンスする。

厳しいディフェンスはハンズアップと同じ敵シューターがシュートを狙う際に手を上げて攻撃を阻止する技です。

ハンズアップなどと使い分けてシューターの攻撃を阻止しましょう。

スティール

スティール説明gif

コマンドドリブラーの近くかパスコース上にいる時に□を押す。

スティールはドリブラーの近くかパスコース上にいる時に□を押す事で使用できます。

オフェンスの選手が持っているボールを奪うスティールは、パスが出た時やドリブルをしている時など様々な場面で活用されるディフェンステクニックです。

オンボールスティール

オンボールスティール説明gif

コマンドRを下に弾く。

ボールを持っている相手に対するディフェンス技のオンボールスティールはRを下に弾く事で使用できます。

奪ったボールからゲームの流れを大きく変える事もできるので積極的にオンボールスティールを狙っていきましょう。

スワットブロック

スワットブロック説明gif

コマンドR2を押したまま△を押す。

スワットブロックは敵チームからシュートを打たれた際にジャンプして攻撃を阻止するディフェンス技です。

R2を押したまま△押す事で使用できます。

ゴール付近間近のシュートを阻止する非常に難易度の高い技ですので何度も練習しましょう。

ディフェンスのコマンド一覧

コマンド
選手の切り替え×を押して、ボールに近い別のディフェンダーを操作する
厳しいディフェンスL2を長押しで、腰を落としてディフェンスする。
ブロックシューターの近くで△を押す。
スティールドリブラーの近くかパスコース上にいる時に□を押す。
ドリブラーを囲うL2を押したままLをドリブラーに向けて倒す。
ファストシャッフルL2とR2を押したまま、Lを任意の方向に倒す。
ハンズアップRを上に倒し続ける。
ハンズアウトRを左か右に倒し続けてパスコースを守る。
シュートチェックRを上に弾く。
オンボールスティールRを下に弾く。
垂直シュートチェックシューターの逆方向にLを倒したままにし△を押す。
スワットブロックR2を押したまま△を押す。
テイクチャージ○を長押しする。
フロップ○を軽く2回押す。
ポストプルチェアーポストのボール保持者から離れるようにLを動かし、(背中で押し込まれている間に)素早く離す。
アイコン切り替えR1を押し、次に指示したいディフェンダーのアクションボタンを押すと、その選手をコントロールできる。

コメント (ディフェンス講座)

新着スレッド(NBA2K21攻略Wiki)

注目記事
ページトップへ