Gamerch

【NBA2K21】シュートメーターのおすすめ設定方法

最終更新日時 :
1人が閲覧中

NBA2K21におけるシュートメーターのおすすめ設定方法に関する記事です。シュートをより簡単にいれる方法やシュートメーターをオフにするメリットなども記載しています。

シュートメーター解説

シュートメーターとは

シュートメーター画像

▲シュートを打つ際に表示されるメーター

シュートメーターはシュートを打つ際に表示されます。

シュートを放った際にメーターの中心線に近ければ近いほど正確なシュートを打つ事ができるためフリースローなどで確実に1点を取りにいきたい時に役立つ機能です。

シュートメーターの設定

オプションのコントローラー設定よりシュートメーターをオフにする設定方法を記載しています。

また、シュートメーターをオフにするメリットなども記載しています。

シュートメーターをオフにする

シュートメーターオフ

設定画面からシュートメーターをオフにする事ができます。

シュートメーターをオフにする事で、タイミングの合う難易度が緩和されコントローラが振動してシュートの精度を調整するタイミング方式に変更されます。また、タイミング方式でシュートを打つ事でより直感的な操作が可能になります。

メーター式(シュートメーターがONの状態)では正確なシュートを打つ事ができますが、試合中の激しい攻防の中でシュートメーターを確認するのが苦手だと感じる方はタイミング式がおすすめです。

シュート講座はこちら

シュートメーターをオフにするメリット

  • シュートを打つ際に直感的な操作が可能になる。
  • メーター式よりもシュート難易度が緩和される。
  • 試合中にメーターを気にする必要がなくなる。
  • 前作NBA2K20に近い操作が可能になる。

フリースローの標準をオフにする

設定からフリースローの標準メーターをオフにする事で、フリースローをする際に表示されるシュートメーターをオフにする事ができます。

フリースローをする際にタイミングでシュートを放てるようになるので、シュートメーターをオフにする設定が合っていると感じた方は同時に設定を変更しておきましょう。

パッチノート(Ver1.02)でシュート設定が改善

パッチノート

2020年9月14日(月)に実装されたパッチノートVer1.02(パッチノート)で、PS4とXBOX ONEそれぞれに、シュート設定の調整が行われ、「プロコントロールによる標準」が追加されました。

パッチノート適用後に、ゲームを起動するとプロコントロールに関する選択画面が表示されます。シュート標準はいつでも「コントローラー設定」からON/OFFの切り替えが可能ですので自分にあった設定を選択しましょう。

パッチノートVer1.02の詳しい情報はこちら

コメント (シュートメーターのおすすめ設定方法)

新着スレッド(NBA2K21攻略Wiki)

注目記事
ページトップへ