Gamerch
NBA2K21攻略Wiki

【NBA2K21】八村塁選手風のビルド構成

最終更新日時 :
1人が閲覧中

NBA2K21で八村塁選手に近いビルド構成を紹介しています。八村塁選手に近い選手をマイキャリアビルダーで作成したい方は是非参考にしてください。

八村塁選手の基本情報

所属チームワシントン・ウィザーズ
シューズエア・ジョーダン
ポジションスモールフォワード/パワーフォワード
利き手右利き
背番号8

スキル

八村選手の得点力を再現する為に、フィニッシュが最も大きく、次にシュートが大きなスキル内訳を選ぶのがオススメです。

シュートが大きなスキル内訳にするとミドルレンジでのシュートを狙いやすくなるので、また立ち回りが変わってきます。

フィジカル

スピードと加速、フィジカルと体の強さが全て平均的に高いステータスをしているのが八村選手の特徴ですが、マイキャリアでは背を高く、体重を重くすると加速とスピードが伸びづらいです。

そのため敏捷性とジャンプ力の高いフィジカルにして、体の強さに関しては低めのステータスを選択するのがオススメです。

このようにするとペイントエリア、ペリメーターでのシュートを狙いやすくなるので、八村選手のようなスラッシャーとして活躍させやすくなります。

スキルアップグレードのポイント

フィニッシュ

ドライブレイアップとドライブダンクの上限が微妙に足りていませんので、この二つに関しては限界値まで割り振ってしまいましょう。

それ以外の操作ではポストフックを76で割り振りを止める事が重要です。

【フィニッシュのスキルアップグレード】

ショートレンジ68
ドライブレイアップ77
ドライブダンク78
スタンディングダンク80
ポストフック76

シュート

「ポストフェード」だけ70まで割り振って止めますが、それ以外は全て最大まで割り振りましょう。

本来の八村選手はより高いミドルレンジシュートと3ポイントシュートのスキルを持っていますが、シュート面をさらに大きくするとフィニッシュ面の上限値が足りなくなってしまうのでフィニッシュを優先しています。

気になる場合はシュートの割合が大きいスキル内訳を選びましょう。

【シュートのスキルアップグレード】

ミドルレンジシュート72
3ポイントシュート69
フリースロー83
ポストフェード70

プレイメイキング

「パスの精度」以外の性能を上げておきましょう。

余った2つのアップグレードにに関してはパスの精度か、「フィニッシュ」の「ポストフック」に入れるのがオススメです。

【プレイメイキングのスキルアップグレード】

パスの精度79
ボールのハンドリング82
ポストムーブ41

ディフェンス/リバウンド

ディフェンス/リバウンドに関してはバッジを獲得出来ない程度にしか残っていないので、もし再現するとしても他のバッジが欲しい場合は他のステータスに割り振ってしまっても良いでしょう。

八村選手の選手カードに記載されているステータスをなるべく再現したい場合は以下の数値を参考に割り振ってください。

インテリアディフェンス68
ペリメーターディフェンス54
横方向の敏捷性60
スティール41
ブロック37
オフェンスリバウンド52
ディフェンスリバウンド68

体型、身長、体重

体型はマッチョがおすすめ

体型は「マッチョ」が近い見た目になるのでおすすめです。

ちなみに太めの体型を選択してもスピードや加速が落ちるようなことはないですし、細い体型だと体の強さが落ちるような事もありません。

【八村塁選手の体型】

身長2.03m
体重106kg
ウィングスパン2.18m

テイクオーバー

八村選手の勢いあるプレイを再現したい場合は、スラッシャーを選択するのが良いでしょう。

幅広いシュートを成功できるようにしたい場合はシュートクリエイターでも問題ありません。

バッジ選択

「ディフェンス/リバウンド」以外のバッジは概ね手に入れられるので、好きなバッジを選んで装備させましょう。

八村選手はダンク、レイアップが得意になるバッジを多く所持しているので、そのようなバッジを選んでいきましょう。

殿堂入りさせるオススメのバッジ

ダンクを強化する「ロブシティ フィニッシャー」、プットバックダンクが出来るようになる「プットバックボス」を強化するとダンクを決めやすい選手になるのでオススメです。

シュートの成功率に自信があるのであれば、「ホットスタート」を殿堂入りさせましょう。シュートを成功し続ける限り高いスキルボーナスが継続します。

八村選手が所持しているバッジ

フィニッシュ

バッジ名効果
ロブシティ フィニッシャー
ロブシティ フィニッシャー
シルバー
アリウープレイアップまたはダンクの成功率が上昇する。レシーバーが着地する前にシュートが放たれた場合に限る
クロスキー スコアラー
クロスキー スコアラー
ブロンズ
ペイントエリアをドライブ中、ランニングフック、レイアップ、または近距離プルアップの成功率にブーストが付与される
プットバックボス
プットバックボス
ブロンズ
プットバックダンクができる。それに、選手のオフェンスリバウンドが成功した後、プットバックダンク/レイアップのシュートスキルにブーストが付与される
プロタッチ
プロタッチ
ブロンズ
レイアップでのシュートタイミングが「若干早い」、「若干遅い」、または「最高」だった場合、追加シュートブーストが付与される
安定したフィニッシャー
安定したフィニッシャー
ブロンズ
リリースのタイミングをはずしたレイアップのペナルティが減少し、より頻繁にレイアップが成功するようになる

シュート

バッジ名効果
ピック&ポッパー
ピック&ポッパー
ブロンズ
スクリーンをセットアップしたあとで行うシュートにブーストが付与される(シュートがゴールから離れた位置で、スクリーンができて数秒経ってから放たれた場合)
ホットスタート
ホットスタート
ブロンズ
試合開始からシュートに失敗するまでの間に限り、すべてのシュートにおいて、シュートスキルボーナスが付与される
ホットゾーン ハンター
ホットゾーン ハンター
ブロンズ
選手のホットゾーンで打ったシュートにブーストが付与される
ポンプフェイク マエストロ
ポンプフェイク マエストロ
ブロンズ
パンプフェイクのあと、シュート成功率へのペナルティ無しでシュートできるまでの時間を示すタイマーを減少させる

プレイメイキング

バッジ名効果
パスフェイク マエストロ
パスフェイク マエストロ
ブロンズ
フェイクパスの素早さとキレが良くなり、ディフェンスを釣る際により効果的になる

ディフェンス/リバウンド

バッジ名効果
ポゴスティック
ポゴスティック
ブロンズ
着地してからまたブロックを試みる際、より素早く動ける

本記事の注意点

マイキャリアビルドではビルド構成にパターンがあり、それによってステータスに制限が生じるので選手を完全に再現する事は不可能です。

このページではなるべく選手のステータスに近づけるようにしていますが、選手のどの要素を再現するか、またどう活躍させたいかでステータスの振り方も変わってきます。

あくまでもビルド構成の参考としてご覧頂けると幸いです。



NBA攻略Wikiのトップに戻る

コメント (八村塁選手風のビルド構成)

新着スレッド(NBA2K21攻略Wiki)

注目記事
ページトップへ