Gamerch
Phasmophobia 日本語wiki

【Phasmophobia JP】シェード -Shade-

最終更新日時 :
1人が閲覧中

非情に消極的で内気なゴースト

近くに複数の調査員が居ると、活動性が低下します。その内気な気性から、常に複数人数で行動しているとゴーストの活動を確認することが難しくなります。しかし他のゴーストと同様、調査員の正気度が低下するとハントの確率は上昇します。

シェードはハント中は単独行動している調査員を狙う傾向があります。ゲーム中の仕様として各部屋ごとの調査員の数が記録されており、シェードはこの情報を元に行動します。そのためたとえ他の調査員がすぐ近くにいたとしても、一人である部屋に足を踏み入れた状態であれば狙われることがあります。


対処法

シェードは前述の内気な性格から、調査員は難しい選択を迫られます。常に行動を共にしてリスクを減らすか、単独行動をしてシェードの反応を待つかどうかです。単独行動中の調査員はシェードのハントを受ける可能性が高いので注意を払う必要があります。

特に準備時間がないプロフェッショナルレベルにおいては、まずはゴーストルームを見つけるまではグループで行動したほうがよいでしょう。チームから離れたり、とくに一人で残ってゴーストの活動性を上げるために煽ったりするときには十字架スマッジスティックを持参しましょう。


*3人チームで1対2で行動中、ゴーストルームにいた正気度が低い1人の方ではなく、一緒に行動していた二人のほうが襲われたという報告がある。ハント開始時のスポーン位置によりそのようなことが起きることがあるのではと考察されている。

*頻度は低いがグループ行動していてもハントになることはある。惑わされないように。


特性 非常に消極的なため、発見しづらい
弱点 複数の人が付近にいる場合、襲いかかってこない
証拠 EMFレベル5 ゴーストオーブ ゴーストライティング

コメント (シェード)

新着スレッド(Phasmophobia 日本語wiki)

注目記事
ページトップへ