Gamerch

【Apex Legends】ランクマッチの解説まとめ|シーズン5

最終更新日時 :
1人が閲覧中

エーペックスレジェンズのランクマッチ(ランクマ)の解説をまとめています。ランクシリーズ4の仕様やランクリセットの情報の他にも獲得出来る報酬などについても掲載しています。

ランクマッチの解説まとめ

ランクマッチの最新情報

ランクシリーズ4で変更を行わない要素について

♦スプリット制はそのまま導入

ランクシリーズ3で採用されたスプリット制に関しては変更が行われません。この点に関しては運営の狙った通りに機能している事が判明しており、好奇心を刺激するプレイが届けれたとのことです。

ランクシリーズ4では最初のマップは「キングスキャニオン」からスタートが予定されており、6月23日から「ワールズエッジ」がスタートします。

♦スコア、マッチ参戦RPなど変更なし

スコアやマッチ参戦RP、アシストのスコアに関しての変更は行われません。これに関しては基盤が確率されたと公式が見ているので今後も変更が加えられないと思われます。

再接続機能が遂に導入!!

直近のサーバー不具合などによる対策の一環だと思われますが、再接続機能が遂に導入されるようです。

セッションが有効であれば今後はバトルに復帰が出来るようになりRPを無駄なく稼げるようになると思われます。

ただし降下直後などは敵と接敵するリスクが伴う可能性があるので、遊ぶ側としてもそういった事に関して留意しておく必要があるでしょう。

キングスキャニオンからマップがスタート!

キングスキャニオンにマップが変更

5月13日の2時からランクマッチのマップがキングスキャニオンからスタートします。

前回同様にスプリット制が採用されているのでシーズンの途中でマップが変更されます。

キングスキャニオンの期間
5月13日(水)2:00~6月23日(火)まで
ワールズエッジの期間
6月23日(火)~

サーバーの不具合に注意

現在東京サーバーが不安定なため途中でゲームが落ちてしまう症状を確認しています。

ランクマッチ中に落ちるとペナルティを食らう可能性があるのでランクマッチを行う際は注意しましょう。

不具合・バグ報告掲示板はこちら

ランクマッチの仕様について

ランクマッチの新アイコン

シーズン5ランクマッチの仕様についてまとめています。基本的な変更内容は以下のボックスの中をご覧ください。

  • スプリット制は継続

  • スコア等も変更がなし

  • 再接続機能が導入

スプリットについて

1つのシリーズを3カ月間とし、その期間を2つに分割がされます。


ランクシリーズ4ではこのシステムが採用され、短期間のスプリットを2つ設けて各スプリットでソフトリセットが実施されるようになります。


スプリット1では「King’s Canyon」が使用され、スプリット2では「World’s Edge」のマップが採用されるのでマンネリを防ぐ効果を期待しています。

マスターティア

マスターティアが追加

マスターランクの上位500人のみがプレデターランクというランクを獲得する事が出来ます。


このマスターティアに入るためには10,000RPが必要になり、RPを継続してためる事が必要になります。

パーティーの制限

フレンドと遊ぶ場合にプラチナ以上のティアではパーティーのティアの差が最大で1までに制限がされています。ランクマッチで遊ぶ際には注意しましょう。

ペナルティの変更

ランクマッチシーズン2から開始されたペナルティ免除システムも変更が入ります。


RPの喪失免除については変更があり、1日1回までの退出にのみ適用され、1日1回の上限を3回こえると該当シーズン残り期間で免除対象外となってしまうので注意しましょう。

スコアシステム

スコアのシステムは基本的には前シーズンとの変更は加えられていません。

アシストタイマーは7.5秒でアシストでもポイントを獲得しやすくなっています。

マッチ参戦所要RP

※マスターとプレデターは必要RPが一緒です。

ランク必要RP
ブロンズ無料
シルバー12RP
ゴールド24RP
プラチナ36RP
ダイアモンド48RP
マスター60RP
apex60RP

ランクマッチの報酬

ランクマッチの報酬

ランクマッチでは前回のシーズン同様にシリーズで到達した一番上のティアに基づいたアイテムを獲得する事が出来ます。

  • バッジ
  • ガンチャーム
  • ダイブ軌道

ダイブ軌道

ダイブ軌道は次のシーズンのみ使用可能が可能です。シーズン終了後は使用ができなくなります。ただしそのシーズンで再度同じランクに到達する事ができれば削除されません。

ランクマッチの分布

Apexプレデターは、トップ中のトップが集っており、機種ごとに上位500名のみがプレデターになります。2回目のスプリットでは、「5時間以上のプレイ実績」という条件を適用した場合でも、多くのプレイヤーがブロンズに取り残されています。一方で上位ティアを詳細に分析すると、プレイヤーの熟練度に応じて、より適切にランク分けが実施できたという結果も得られました

▲公式引用:公式の情報はこちらから

シーズン4(ランクシリーズ3)での分布

シーズン4(ランクシリーズ3)でのランクマッチの分布は以下のようになっています。

ランク割合
プレデター・マスター0.2%(0.2%)
ダイアモンド2.51%(7.1%)
プラチナ18.82%(23.6%)
ゴールド33.72%(35.3%)
シルバー27.2%(29.1%)
ブロンズ17.54%(3.9%)

4月23日時点における、同モードを5時間以上遊んだプレイヤーのランク分布は以下の通りです(カッコ内は前シリーズの値)。

シーズン3(ランクシリーズ2)での分布

シーズン3(ランクシリーズ2)でのランクマッチの分布は以下のようになっています。

ランク割合
プレデター1.0%(0.2%)
ダイアモンド7.1%(2.1%)
プラチナ23.6%(16.8%)
ゴールド35.3%(35.7%)
シルバー29.1%(40%)
ブロンズ3.9%(5.1%)

2020年1月10日時点における、同シリーズを5時間以上遊んだプレイヤーの分布です(カッコ内は前シリーズの数値)。


【人気記事】


【キャラ一覧】

注目動画
プロにお任せ!接待APEX?!VIPを護衛せよ! ゲーバラSeason2〜第10話〜【#Gamerch】

コメント (ランクマッチの解説まとめ)

  • 総コメント数3
  • 最終投稿日時 2020/04/25 08:06
  • 表示設定

新着スレッド(Apex Legends攻略Wikiまとめ【エーペックス レジェンズ】)

Wiki内ランキング
注目記事
ページトップへ