Gamerch
Apex Legends攻略Wikiまとめ【エーペックス レジェンズ】

【Apex】ライフラインの能力と評価【エーペックス】

最終更新日時 :
1人が閲覧中

Apex Legends(エーペックスレジェンズ)ライフラインの能力と評価を掲載しています。ライフラインの立ち回りやアビリティの使い方なども紹介しているので、ライフラインを使用する際にぜひ参考にしてください。

ライフライン

※立ち回りなどの情報提供はコメント欄にお願いします。

強化と弱体化に関する情報

弱体化【2021/6/30】
・脚と腰のヒットボックスのサイズが大きくなるよう変更
強化&弱体化【2021/5/5】
・蘇生時のシールドを展開しないよう変更
・ヒールドローンの回復量がアップ
・ドローンで回復開始までの時間が変更
・アルティメットの使用時間が短縮
・ケアパケから取得できるアイテムが変更
・小柄属性の削除
強化&弱体化【2020/6/24】
・パッシブアビリティが修正
・ドローンで蘇生が可能
・ファストヒール削除
・戦術アビリティのクールダウンが60→45秒
・ケアパッケージから獲得出来るアイテムの編子
強化【2020/5/13】
・青ボックスの確率が20%UP
・青ボックスからノックダウンシールドが削除

ヒットボックスのサイズが変更

ヒットボックス旧ヒットボックス新

ライフラインは脚と腰のヒットボックスに調整が行われ、サイズがそれぞれ大きくなります。

ライフラインの能力(スキル)

戦う衛生兵(パッシブ)

アイコン特徴
戦う衛生兵ノックダウンされた仲間を、シールドの壁で守りながら素早く復活する。

ノックダウンされた味方を復活させる際にヒールドローンがシールドを展開するため、ほかのキャラよりも安全に味方の蘇生が行えます。とはいえ、シールドは前方のみのため、後方からの攻撃は防げない点に注意しましょう。


味方はノックダウン中でも移動できるので、まずは味方が安全な位置まで撤退する援護を行い、それから復活させるようにしましょう。


安全を確保する前に蘇生すると、蘇生が終わると同時にシールドが切れて味方もろとも仕留められる可能性があります。

D.O.Cヒールドローン(戦術アビリティ)

アイコン特徴
D.O.Cヒールドローンクールタイム:60秒
一定時間、付近の兵士を自動的に治療する慈愛ドローンを要請する。

周囲にいるキャラを回復できる強力なアビリティです。交戦中/交戦後に使い忘れないようにしましょう。ただし、ヒールドローンは敵味方の区別をしないため、相手に近づかれると回復されてしまう点に注意が必要です。


クールダウンが1分と長めなので、1回の使用で複数の仲間を同時に回復するのが理想です。そのためにシグナルで合図を送るなどしてヒールドローンの使用場所をアピールしておきましょう。


敵を撃つことも大事ですが、味方の回復は同等以上に大事なことです。ライフラインを使うのであれば使いどころを見極められるようになっておきましょう。

ケアパッケージ(アルティメット)

アイコン特徴
ケアパッケージクールタイム:6分
高品質の防御用装備を積んだドロップポッドを要請する。
Lv4アーマーとLv4ヘルメットは入っていません。

レア度が高い装備やアタッチメントを確実に入手できるため、あらかじめ用意しておけば交戦時に有利になります。使えるようになったら早めに使ってしまいましょう。


注意点として発動から投下まで若干タイムラグがあるほか、交戦中に回収するのは隙だらけになるので、周囲の安全を確保してから発動させるべきです。


また、位置がばれる可能性があり相手チームから襲撃される事態を招きかねないので、周囲の確認はしっかり行いましょう。

ライフラインの評価

ライフラインの簡易評価
強い点・自動蘇生で味方を起こしやすい
・Ultでアイテムを揃えやすい
・青コンテナからアイテムを追加入手
・ドローンでHP自動回復が可能
弱い点・サポート特化のため戦闘スキルが少ない
・蘇生スキルは先に倒されると意味がない

矢印gif画像 現在の最強ランキングはこちらでチェック!

バトロワモードよりもアリーナの評価が高い

ライフラインはサポートキャラとしてバトロワモードのランクマッチでも使用されていますが、アリーナのランクマッチでは必須レベルで使用されています。

バトロワモードでも十分に強いキャラですが、現状ではアリーナモードでの評価の方が高くなっているキャラとなっています。

自動蘇生で味方を起こす事が出来る

ライフラインの最大の強みは自動で味方を蘇生が行える事です。自動蘇生が出来るので味方のカバーをしながら戦闘が出来るため、一瞬でPTが壊滅してしまう可能性を低くすることが可能です。

自動蘇生の最中に味方が確キルを入れられなければ人数状態をイーブンに戻してから戦闘をする事が出来ます。

アイテムを揃えやすい

アルティメットやパッシブアビリティの効果でライフラインがPTに居ると、回復アイテムなど様々なアイテムを揃えやすくなります。

初動での漁りが余り出来なくてもアルティメットを使ってアイテムを揃えていく事が可能です。

ドローンでの回復で立て直しが行いやすい

ヒールドローンを使ってHPの回復が出来るため、HPまで削れてしまってもドローンを使いながらシールド回復する事で立て直しが行いやすくなります。

ドローン+注射器を使ってHP回復を早く行うことも可能なので、医療キットを節約する事も出来ます。

PTの回復アイテムを節約しながら戦えるので、終盤戦で回復枯渇を抑えながら戦える点は優秀です。

ライフラインの立ち回りと使い方

金アーマーとの相性がアップ

ライフラインは回復速度が早いので、シーズン5に入ってから金アーマーとの相性が良くなりました。

金アーマーの回復量が2倍になっているのでセルや注射器でもライフラインは素早く回復が出来るので、進化シールドよりも金アーマーを装備しましょう。

味方の支援が最優先

ライフラインの戦術アビリティやアルティメットはどちらも支援向きの効果となっています。

そのため、味方の支援するのが主な役割となります。無理に前に出てチームで一番最初に倒されてしまうといったことがないように注意しましょう。

相手からの射線が通らない場所を意識しよう

ヒールドローンを使っても相手の射線が通る場所では落ち着いて回復を行うことができません。

味方がどの方角から撃たれているのかなどを確認しておき、味方が下がりやすい位置で準備しながら援護射撃を行っていきましょう。

下がりすぎに注意

真っ先に死なないことも大事ですが、それだけを意識していると前方の味方と距離が離れがちです。

そうなってしまうと味方と連携がとりにくくなるので、付かず離れずの距離感を保っておきましょう。

回復の早さを活かして攻めることも可能

パッシブには回復アイテムの使用にかかる時間を短縮する効果が備わっています。

この効果を活用すればお互いに撃ち合ったあとに相手より先に態勢を立て直して距離を詰めることが可能です。

アルティメット促進剤を活用しよう

アルティメット促進剤

ライフラインのアルティメットは使用可能になるまでの時間が非常に長いです。

アルティメットの回転率を高めるためにも、序盤~中盤でアルティメット促進剤を見つけたら使用するようにしておきましょう。

スーパーレジェンドスキン

ジョイスティック

ジョイスティック

ライフラインのスーパーレジェンドスキンは「ジョスティック」と呼ばれるドラムのスティックを使用する事ができます。

レジェンドスキン

離れた世界

離れた世界

悪の刻印

悪の刻印

ヘルレイザー

ヘルレイザー

ブリーチ&クリア

ブリーチ&クリア

フロム・ザ・アッシュ

フロム・ザ・アッシュ

ピークパフォーマー

ピークパフォーマー

バイタルサイン

バイタルサイン

ロンドンコーリング

ロンドンコーリング

整然たる無秩序

整然たる無秩序

ライフラインのスキン一覧

ライフラインのキャラ情報

本名と年齢

本名Ajay Che
年齢24
帰るべき世界プサマテ

キャラストーリー

←詳細はこちらをタップ

アジェイ・チェ、通称ライフラインはApexゲームには似つかわしくない存在だ。裕福な戦争成金の子として生まれるが、親の築いた財産の血生臭さに気づいた彼女は家を出て、フロンティアの恵まれないコミュニティを支援する人道支援組織「フロンティア兵団」に加入した。それ以来、彼女は人助けに心血を注いできた。Apexゲームに参加する理由は、稼いだ賞金をフロンティア兵団に提供するためだ。


Apexゲームに穢れなき参加者は存在しない…大会の本質は誰にとっても明らかだ。ライフラインにとって勝利は人道支援へと繋がるたため、この血塗られた祭典に臨む彼女には、気後れなどない。少なくとも、彼女は自分にそう言い聞かせている。無神経な皮肉屋に見えるが、心の奥底では人を助けて、世界をより良い場所にしたいと願っている。そのためには、人を始末することも厭わない

※公式サイト引用

ライフラインの公式情報はこちら



Apex攻略wikiトップはこちら
注目動画
【ApexLegends】killより優勝取りたいならば《ライフライン/レイス》を使え!立ち回り解説!【Gamerch】

コメント (ライフライン)

  • 総コメント数28
  • 最終投稿日時 2021/08/29 20:03
  • 表示設定

現在受付中のアンケート一覧

新着スレッド(Apex Legends攻略Wikiまとめ【エーペックス レジェンズ】)

Wiki内ランキング
注目記事
ページトップへ
閉じる