Gamerch

【NBA2K21】コンバインの流れと立ち回り

最終更新日時 :
1人が閲覧中

NBA2K21のマイキャリアモードにて、ドラフトコンバインの流れを紹介しています。コンバインがどのように進み、チームをどのタイミングで選べるかを紹介しているのでコンバインを進める際にご覧ください。

※本ページにはマイキャリアのネタバレが含まれます。

マイキャリアについて詳しくはこちら

代理人を選択する

マイキャリアを進めていくと、ARCHIEとHARPERという二人の代理人からどちらかを選ぶ事になります。

この2人を選ぶ違いとしては、以下の要素が挙げられます。

特徴ARCHIEHARPER
手数料契約ごとに多くのVCを獲得出来るが、スポンサー契約を結ぶまで時間がかかる契約ごとのVCは減るが、スポンサー契約を結ぶのは早くなる
ファンネイバーフッドで試合をプレイするとファンを獲得出来るリーグ戦で獲得出来るファンが増える
ムードチームメイトとのムードが良くなるチームメイトとのムードが悪くなる出来事の影響が減る
企業関係・アディダス
・ニューバランス
・ピューマ
・アンダーアーマー
・beats
・ゲータレード

以上の企業とスポンサー契約をする際に必要なファン数が減る
・ジョーダン
・ナイキ
・Mobil1
・KIA
・TISSOT
・CONVERSE

以上の企業とスポンサー契約をする際に必要なファン数が減る

代理人の特徴

代理人を選ぶ際に効率を重視したいのであれば、ファンを増やせる方法で選ぶと良いでしょう。

もちろん、マイキャリアのストーリーを見て気に入った人物を選んでも問題ありません。

ARCHIEの特徴

ARCHIEはネイバーフッドでプレイ、活躍する事でファンが増えるので、ネイバーフッドでプレイする機会が多いのであればオススメです。

特にネイバーフッドをプレイしない場合でも、スポンサー契約した後に多くのVCが欲しいのであれば選ぶ価値があります。

HARPERの特徴

HARPERはリーグ戦で獲得出来るファンが増えるので、じっくりリーグ戦をプレイし続けたい人にはおすすめです。

HARPERは効率よく契約を増やしていけるので、あまりNBA2Kシリーズをプレイしたことが無い方はHARPERを選んだ方が進めやすいでしょう。

個人面談を受ける

ドラフトコンバインでは個人面談や記者の取材など、自分の作成した選手が質問を受けてそれに回答するシーンが多く存在します。

これらの回答によってドラフトでの評価が上昇する事もあれば、低下してしまう事もあります。回答は気を付けて選びましょう。

ヒントはストーリーの会話の中にある

面談で評価を上げるヒントはストーリー中の会話にあります。登場人物がその時々で求められている回答の方針を教えてくれるので、それに従った回答を心がけると評価が上昇しやすくなります。

基本的にはチームワークを重視した、謙虚な言動を選んでいくと評価が上昇するようです。

プレイしたいチームを選ぶ

ここでプレイしたいチームを選択する事になります。ここまでのドラフト予測で「関心のあるチーム」として表示されたチームから選択します。

最終的に選んだチームに所属する事になりますので、よく考えて選びましょう。

ロスターを確認しておくとさらに良い

マイキャリアのストーリーが終わった後はNBA20-21シーズンから開始するので、あらかじめロスターで関心のあるチームにどんな選手がいるかを確認しておきましょう。

強い選手のいるチームから関心が来ている場合、そのチームに所属すれば強いチームメイトと共に優勝を狙いやすくなります。

以下に強豪選手のいるチームの一例を掲載しておりますので、チーム選びの参考にしてください。


強豪選手のいるチームの一例

NBAドラフトコンバインを受ける

チームを選択したら、いよいよドラフトコンバインを受ける事になります。

ドラフトコンバインでは指定されたドリルを受けて、他のドラフト候補者よりも優れた選手であることを実技で示す必要があります。

ドラフトコンバインで行われるドリル一覧

以下のドリルは開始前に2回練習を行う事が出来ます。

垂直跳びL2,R2ボタンを交互に連打した後、△ボタンを押してジャンプする
走りながらジャンプL2,R2ボタンを交互に連打した後、△ボタンを押してジャンプする
ベンチプレスLスティックとRスティックを同時に動かしてバランスを取り、LとRを上に上げて終了を繰り返す
失敗した時は〇ボタン連打で復帰する
シャトルランL2を押した状態でLスティックを倒して指示通りに移動する
レーン敏捷性コート上の矢印に従ってL2を押しながらLスティックを倒して横方向への移動、R2を押しながらLスティックを倒して前方向へ移動する
ダッシュL2,R2ボタンを交互に連打する

ベンチプレスはトレーニングファシリティでも出来る

マイキャリアが終わった後にはなりますが、ネイバーフッドのトレーニングファシリティでは全く同じ操作でベンチプレスが出来ます。

ベンチプレスはかなり独特な操作を要求されるので、もし二周目を遊んでベンチプレスも完璧にこなしたいのであればネイバーフッドで練習しておきましょう。

シュートを行う

シュート関連のドリルは4回、それぞれ形式の違うジャンプシュートを行います。

シュートのドリルからは練習が無いので、シュートの成功率を上げたい場合は予め2KUモードなどで練習しておきましょう。

スポットアップシュートリングまで19フィートある場所から5本ずつ打つ。
ドリブルからのシュートボールをキャッチしたら印のついた位置に移動し、頂点とウィングでプルアップジャンプシュートを2回ずつ打つ。
走りながらシュート(上)30秒以内にトップから出来る限り多くのプルアップジャンプシュートを成功させる。
シュート後は指定された位置へ走り、そこでボールを受けたら次の指定された位置でシュートを打つ。
走りながらシュート(エルボー)30秒以内にエルボー*1から出来る限り多くのプルアップジャンプシュートを成功させる。
シュート後は反対側のエルボーの位置に移動し、ボールを受けたら次の指定された位置でシュートを打つ。

スクリメージを行う

最後は5対5、10分間のスクリメージ*2を行います。

ここではいつも通りの試合を行えば良いですが、普段の試合と違い体力の要素がありません。そのため体力を気にせず派手なプレイを行い、厳しいディフェンスにつき続ける事が出来ます。


脚注
  • *1 フリースローラインの端
  • *2 模擬戦

コメント (コンバインの立ち回り)

新着スレッド(NBA2K21攻略Wiki)

注目記事
ページトップへ