Gamerch
『NBA 2K22』攻略Wiki

『NBA 2K22』おすすめのバッジ

最終更新日時 :
1人が閲覧中

『NBA 2K22』でのおすすめのバッジを紹介しています。マイキャリアで選ぶバッジに迷った際や、選手が持っていると強いバッジを紹介しているのでプレイの参考にしてください。

オススメバッジ

フィニッシュ

成功率が上がるバッジは使いやすい

シュートの成功率が上がるバッジはどんな状況でも便利な場合が多く、オススメのバッジです。

フックシュート、ダンク、スタンディングシュートなどそれぞれのシュートに対して成功率が上がるので、特によく使うと感じるシュートのバッジから優先的に集めるのが良いでしょう。

バッジ名効果
フックスペシャリスト
フックスペシャリスト
【PS5版】
任意の距離からのポストフックシュートがブーストされる。
【PS4版】
どの距離からでもポストフックシュートがブースト。
ロブシティ フィニッシャー
ロブシティ フィニッシャー
アリウープレイアップまたはダンクの成功率が上昇する。レシーバーが着地する前にシュートが放たれた場合に限る。
グレースアンダープレッシャー
グレースアンダープレッシャー
ゴール近くで行うスタンディングシュートがブーストされる。

競り合いに強くなるバッジもオススメ

ペイントエリア、ペリメーター内は激しい競り合いでシュートの成功率が下がってしまう場合が多いので、競り合いに強くなるバッジもオススメです。

積極的にポストに駆け込む選手にしたい場合はぜひ装備しましょう。

バッジ名効果
ファストトゥイッチ
ファストトゥイッチ
スタンディング状態のレイアップまたはダンクを、ディフェンダーと競り合いになる前に素早く行えるようになる。
ポスタライザー
ポスタライザー
ディフェンダー越しにダンクを決める確率が増加する。
大胆不敵なフィニッシャー
大胆不敵なフィニッシャー
ディフェンダーに接触しながらフィニッシュする能力が強化され、接触しながらのレイアップで失うエネルギー量が低下する。

シュート

成功率が上がるバッジを優先的に装備

フィニッシュと同じく成功率が上がるバッジは優先的に装備する価値が高くなっています。

特にロングシュートはタイミングが悪いと上手く決まらない場合も多いです。成功率が上がるバッジを多数装備して損はありません。

バッジ名効果
リズムシューター
リズムシューター
ドリブルムーブでディフェンダーをサイズアップしたあとに行うシュートの成功率が増加する。
リミットレス スポットアップ
リミットレス スポットアップ
スタンディングスリーポイントシュートを効果的に行える距離が伸びる。
フェードエース
フェードエース
どの距離からでもポストフェイダウェイのシュートがブーストされる。

ディフェンスペナルティを軽減するのも強力

シュートが失敗する原因としてはディフェンダーのマークによるペナルティも大きいので、マークされた時のペナルティを減らすバッジも強力です。

毎回マークされていない状況でシュートを打てるとは限らないので、積極的に3ptシュートを狙う選手なら持っておくべきです。

バッジ名効果
ロングシュートの名手
ロングシュートの名手
ディフェンダーがプレッシャーをかけてきた時に投げたジャンプシュートは、シュートチェックのペナルティが少なくなる。
ブラインダー
ブラインダー
ジャンプシュートを行った際に、周囲にいるディフェンダーから受けるペナルティが低下する。

条件付きの強化バッジも強力

グリーンマシーンやスナイパーはタイミングよくシュートをする必要こそありますが、何度も成功させる腕前さえあればシュートの成功率を大きく上げられます。

ホットゾーン ハンターは予めホットゾーンを作っておく、あるいはホットゾーンを把握しておく必要こそありますが、さらにシュートの成功率を高められるバッジです。

バッジ名効果
ホットゾーン ハンター
ホットゾーン ハンター
選手のホットゾーンで打ったシュートにブーストが付与される。
グリーンマシーン
グリーンマシーン
ジャンプシュートで最高のリリースを連続で出すと、シュート成功時にブーストが付与される。
スナイパー
スナイパー
【PS5版】
タイミングよくジャンプシュートを打つとブーストを獲得する。タイミングが悪いとペナルティになる。
【PS4版】
ジャンプシュートが「若干早い」または「若干遅い」の際にはブーストを得るが、「早い」または「遅い」シュートはペナルティがより大きくなる。

プレイメイキング

ドリブル関連を強化するバッジ

プレイメイキングはそれぞれの選手に噛み合った物を用意しましょう。

ドリブルはどの選手でも行うので、比較的どの選手に装備させても活用しやすいです。

バッジ名効果
アンプラッカブル
アンプラッカブル
ドリブルムーブを行う際、ディフェンダーはボールをフリーにするため、スティールを試みるのがより難しくなる。
クイック ファーストステップ
クイック ファーストステップ
トリプルスレットからのドライブアウトまたはサイズアップ後に、ボール保持者はより早く、より効果的なローンチが行える。
クイックチェーン
クイックチェーン
このバッジを持つ選手は、サイズアップを行いながら、一連の動きを素早く組み立てることが出来る。
アンクルブレイカー
アンクルブレイカー
ステップバックなどの特定の動きをするとき、相手は間違った方向に切り込むと、より頻繁につまずいたり転んだりする。
連続ドリブラー
連続ドリブラー
連続ドリブルムーブを行う際、センスが必要とする体力が減り、コンボをより素早く、より長く続けられるようになる。
ハイパードライブ
ハイパードライブ
オフェンス時に走りながらドリブルムーブを行うスピードが加速する。
ストップ&ゴー
ストップ&ゴー
ボール保持者がこのバッジ限定のユニークなストップやローンチを行い、素早くスタート&ストップできるようになる。

パスを強化するバッジ

味方に出すパスを強化するバッジ、また味方を強化出来る「司令塔」のバッジを持っておくと、チーム全体の得点力を高めることが出来ます。

マイキャリアの場合、パスを出した先の選手がシュートを決めても「アシスト」という形で実績になります。

そのためシュートを決めるのが難しいと感じている場合は、パスで味方を支援して自分の選手の評価を上げていくのも良いでしょう。

バッジ名効果
ニードル スレッダー
ニードル スレッダー
ディフェンダーのタイトな間を突いたパスを行う際、選手のパス能力にブーストが付与される
ブレットパサー
ブレットパサー
ボールが手から離れるまでのスピードとパスの速度が増加する。
ベイルアウト
ベイルアウト
ジャンプシュートやレイアップからのパスの成功率が上がる。さらに、ダブルチームからパスを出す成功率も上がる。
司令塔
司令塔
この選手がプレイ中はチームメイトのオフェンス能力がブーストされる。さらに、チームメイトがホットまたはコールドのシュートゾーンに入っている場合は、Lをそちらに倒した際にインジケーターがそれぞれ赤または青色に光る。

ディフェンス/リバウンド

幅広い場面で使えるバッジ

相手のシュート成功率を下げたり、ディフェンス時のスタミナ消費を抑えたりする効果はどの状況でも使いやすいバッジになっています。

特別ディフェンスで何をしたいという狙いも無い場合は、これらのバッジを選んでおくと活躍しやすいです。

バッジ名効果
インティミデーター
インティミデーター
オフェンス選手はこのバッジを持つ選手と相対するとシュート成功率が下がる。さらに敵をマークしているときもシュート防御率ブーストが付与される
メナス
メナス
良いディフェンスを行うと、相手をガード中または前に立っているときに相手の能力を低下させる。
疲れ知らずのディフェンダー
疲れ知らずのディフェンダー
ディフェンダーがよりアグレッシブにディフェンスをする際、普通の選手より失う体力が少なくなる。
クランプ
クランプ
ボール保持者に体当たりまたはヒップライドを行う際、ディフェンダーのより素早いカットオフムーブが可能になり、体当たりまたはヒップライドの成功率も上昇する。

ブロック性能の強化で攻めに貢献

ディフェンスで攻めに貢献しやすいのはブロックとスティールなので、ディフェンスの強い選手を作りたい場合はぜひ獲得しておきましょう。

ブロック、スティールのどちらを特に行いたいかで重点的に獲得するバッジを決めると良いでしょう。もちろん両方獲得しても強力です。

バッジ名効果
ピックポケット
ピックポケット
ボール保持者からボールを奪おうとする際、スティールの成功率が上昇し、ファウルの確率が減少する。さらに、レイアップの成功率も上昇する。
インターセプター
インターセプター
パスティップまたはパスカットの成功率が大きく上昇する。
リムプロテクター
リムプロテクター
シュートブロック能力が上昇し、ダンクされる可能性も減少し、特別なブロックアニメーションがアンロックされる。
チェイスダウンアーティスト
チェイスダウンアーティスト
ブロック直前にオフェンス選手を追いかけている際、スピードとジャンプ力にブーストが付与される。
ボールストリッパー
ボールストリッパー
ゴール近くでレイアップかダンクを行う相手のボールを奪う確率が上昇する。

リバウンドを強化するのもオススメ

リバウンドを強化するバッジを所持しておくと、自チームの攻めを継続する場合にも、相手チームの攻めを止める際にも役立ちます。

比較的多くの場面で活用出来るバッジなので、リバウンドを取りやすい選手にしているなら以下のバッジを入手しておくと良いでしょう。

バッジ名効果
ポゴスティック
ポゴスティック
選手がジャンプからの着地後に素早く回復して再びジャンプできるようになる。これはリバウンド、ブロック、ジャンプシュートでジャンプしたあとに影響する。
リバウンド チェイサー
リバウンド チェイサー
通常より遠距離からリバウンドを追いかける能力が上昇する。

スクリーン対策、スクリーン強化バッジ

ピック&ロールと呼ばれるスクリーン関連のプレイはしばしば発生するプレイなので、持っておくと試合で活躍しやすくなります。

また、「ブリックウォール」はオフェンス時にスクリーンを行った際にも発動します。その為、オフェンスを重視した選手にもオススメのバッジだと言えるでしょう。

バッジ名効果
ピック回避巧者
ピック回避巧者
防御中に選手がスクリーンを抜ける能力が上昇する。殿堂入りレベルでは、パークやブラックトップでスクリーンを突き抜ける事が出来る。
ブリックウォール
ブリックウォール
【PS5版】
ディフェンダーがスクリーンを回り込むのが難しくなり、相手選手からバックダウンされにくくなる。ブリックウォールから接触された選手は通常よりさらにエネルギーを失う。殿堂入りレベルでは、パークやブラックトップで激しいスクリーンをする。
【PS4版】
このバッジは、ディフェンダーがスクリーンを回り込むのを難しくし、オフェンダーからバックダウンされにくくします。

背丈の差で有利になるバッジ

以下のバッジは背の大きさに差があると有利になるバッジです。

特に背丈の大きさ、あるいは背丈の低さを有利に用いる選手を作りたい場合は装備を検討しましょう。

相手の背が高い場合に有効なバッジ

バッジ名効果
ジャイアント スレイヤー
ジャイアント スレイヤー
自分より身長の高いディフェンダーと対峙した際、レイアップのシュート確率にブーストが付与され、ブロックされる可能性が低下する
ミスマッチエキスパート
ミスマッチエキスパート
この選手をマークするディフェンダーがスイッチし、自身より背が高い場合は、ディフェンダー越しのシュートの成功率が増加する。

相手の背が低い場合に有効なバッジ

バッジ名効果
マウスインザハウス
マウスインザハウス
自分より小柄のディフェンダーが相手の場合にレイアップシュートの成功率が上昇する。


NBA攻略Wikiのトップに戻る

コメント (オススメのバッジ)

  • 総コメント数4
  • 最終投稿日時 2021/11/20 21:50
  • 表示設定
    • ななしの投稿者
    4
    2021/11/20 21:50 ID:co7s24q2

    >>3

    ありがとうございます

    あれだけ書いた予想が全部外れたのは悲しいけど強いですね

    • ななしの投稿者
    3
    2021/11/20 14:18 ID:i78hjjdd

    >>2

    相手に抜かれづらくなるタイプのバッジ。

    ポストまで突っ込まれると効果が無くなるから、前で止められるなら割とやれる。クランプと組み合わせると強い

    • ななしの投稿者
    2
    2021/11/20 08:57 ID:co7s24q2

    メナスの意味がわからない

    相手のハンドリング能力が下がってスティールしやすくなる系?インティミデーターと合わせるとよりシュート成功率下がる系?ブロック能力が無いMPの為のインティミデーター系?ペリメーターバッジドロップ系?

    • ななしの投稿者
    1
    2021/11/20 01:22 ID:co7s24q2

    グルーハンズ、ベイルアウト、ブレッドパサー、ニードルスレッダー、アンプラッカブル、クイックファーストステップはあるといいね

    ダイマーは紫取れないなら銅でいいし

    オナドリボールコネコネマンに必要なバッジはわからない😖

新着スレッド(『NBA 2K22』攻略Wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる