Gamerch
ウマ娘攻略Wiki

【ウマ娘】ライスシャワーの対人育成論|チーム競技場

最終更新日時 :
1人が閲覧中

ウマ娘における、対人向けのライスシャワーの育成論(育て方)について記載しています。育成の攻略ポイントやおすすめサポートカードなどをまとめて掲載していますので、チームレース用のライスシャワーを育成する際の参考にしてください。

ライスシャワーの対人育成論|チーム競技場

ライスシャワーのキャラ・サポカ情報

競技場用ライスシャワーの育成論

競技場用ライスシャワーの育成論

チーム競技場のスコアを取るコツ

対人向けライスシャワーについて

長距離先行で育成するのがおすすめです!


固有スキルの発動条件と自身で覚えるスキルの傾向を考えると、長距離先行で育成するのが一番ライスシャワーの性能を活かすことが出来ます。


成長率がスタミナに10%しかついていないため、スピードをS以上まで上げられるかは運要素になりますが、これから育成手順を紹介していきます。

継承で優先すべき因子

優先度因子星の数
スピード9~12
長距離2
スタミナ6~9
先行1以上
1以上

ライスシャワーにおすすめの因子は上記6つです。

青因子に関しては、スピードに成長率を持たないため、必ず入れるようにしましょう。次点にスタミナを盛ってあげるようにしましょう。

赤因子は長距離、先行、芝の順番の優先度で抑えれば大丈夫です。

最終的に目指したいステータス例

最終ステータス目標
スピードスタミナパワー根性賢さ

1000~

1100

600

350

400

最終ステータスはスピードS以上、スタミナSS、賢さCを目指して育成していきます。

適性は因子継承時の運になりますが、芝、長距離、先行をSに挙げれることができれば理想形になります。

ライスシャワーのおすすめデッキ

デッキ編成例

[迫る熱に押されて]キタサンブラック[夕焼けはあこがれの色]スペシャルウィーク[必殺!Wキャロットパンチ!]ビコーペガサス
[0500・定刻通り]エイシンフラッシュ[一粒の安らぎ]スーパークリーク[おすすめ本、あります!]ゼンノロブロイ

▼サポートカードのタイプ配分

スピードスタミナパワー根性賢さ友人
42

【サポートカードの編成ポイント】

  • 長距離先行向けのスキルを多く持つキャラを編成しています。
  • ビコーペガサスは練習性能が高いため、編成しています。
  • 凸していることが前提なので、無凸の場合は凸しているSRで代用しましょう!(キタサンブラックだけは無凸でも可)

代用サポートカード

サポートカード名前/特徴/おすすめスキル
[夢は掲げるものなのだっ!]トウカイテイオー[夢は掲げるものなのだっ!]トウカイテイオー
・スピード枠の代用
・ポジションスキルが多いのが魅力
一陣の風が強力
一陣の風/ポジションセンス
[ターボエンジン全開宣言!]ツインターボ[ターボエンジン全開宣言!]ツインターボ
・ビコーペガサスの代用
・練習性能が高い
・凸していることが前提
スキルは必要なし
[雨の独奏、私の独創]マンハッタンカフェ[雨の独奏、私の独創]マンハッタンカフェ
・スタミナ枠の代用
・長距離向けのスキルを多数持つ
スタミナイーター/長距離直線
イベント逆引きチェッカーはこちら

おすすめのスキル・習得タイミング

スキル習得例

スキル習得例

長距離先行型なので、金速度スキルは必ず複数取るようにしましょう。

回復スキルは必ず複数取ること、加速系のスキルも取れるだけ取っておく、以上の二つを意識してスキルを取りましょう。

狙いたいヒントについて

今回の編成ではビコーペガサス以外のキャラスキルがライスシャワーと相性がいいので、基本どのヒントを狙っても問題ありません。


しかし、練習は基本スピードスタミナ、賢さのどれかしか行わないので、パワーや根性にヒントが出ていても無闇に取りに行くのはやめましょう。


※絆上げで根性に4人いた場合などは除く

スキルの習得タイミングについて

序盤でスキルを取る場合は必要最低限のみ

基本的にはヒントレベルを上げてから習得したいので、育成中にスキルを取る際には慎重に取るようにしましょう。

ただし、目標のレース達成が不安な場合などは、「コーナー回復」や「長距離直線」といった発動に条件が無いオレンジスキルや、「弧線のプロフェッサー」などの逃げ系のスキルを習得しましょう。

緑スキルやデバフスキルは最後にまとめて取る

育成中にデバフスキルや緑スキルを取るのはやめましょう。

デバフスキルと緑スキルは、育成後に取ることでヒントレベルを逃すこともなく、全てのスキルが揃った中で選べるので、スキルPtを無駄にする可能性がなくなります。

取るべきスキル

スキル取得できるキャラ取得pt
スキルレベル1でも取っていいスキル
弧線のプロフェッサーキタサンブラック340
円弧のマエストロスーパークリーク360
食いしん坊スペシャルウィーク360
クールダウン本人320
スキルレベル3以上で取るスキル
決意の直滑降本人240
コーナー回復キタサンブラック170
長距離コーナーキタサンブラック100
末脚スーパークリーク170
先行のコツゼンノロブロイ110
巧みなステップゼンノロブロイ120

スキルは合計10個は取りたい

スキルの取得個数は金スキル3個+通常スキル7個が最低ラインです。

チーム競技場で安定して勝ちたい場合は金スキル4個以上は取っておいた方がいいでしょう。

配分としては加速系4:回復系2:緑2:デバフ2~3がおすすめです!

ライスシャワーの育成立ち回り

ライスシャワーの目標レース

目標育成目標の達成条件距離レース場
目標
ジュニア級メイクデビューに出走中距離新潟
目標
スプリングSで5着以内マイル中山
目標
日本ダービーで5着以内中距離東京
目標
菊花賞で3着以内長距離京都
目標
日経賞で3着以内長距離中山
目標
天皇賞(春)で1着長距離京都
目標
宝塚記念で3着以内中距離京都
目標
有馬記念で1着長距離中山

☑意識するポイント

目標以外で10戦程度出走
トレーニング優先度はスピード>賢さ>パワー>その他
序盤のホープフルSまでにスピード400
夏合宿の友情トレーニングでパワーを盛る
目標中に取るスキルはヒント3以上で条件が無いもののみ
スタミナをSSにしよう

目標以外で7戦程度出走

ライスシャワーは目標レースとURAを合わせて全部で11レースしかありません。

目標レースとURAだけでクリアしてしまうと、圧倒的にスキルが足りなくなってしまいますので、最低でも目標外で7レースは出走するようにしましょう。

おすすめの中長距離レース

ジュニア級
12月後半ホープフルS2000m
クラシック級
4月前半皐月賞2000m
6月後半宝塚記念2200m
11月後半ジャパンC2400m
12月後半有馬記念2500m
シニア級
3月後半大阪杯2000m
10月後半天皇賞(秋)2000m
11月後半ジャパンC2400m

おすすめはクラシック級とシニア級で「ジャパンカップ」を2回ずつと、クラシック級で「皐月賞」と「宝塚記念」、「有馬記念」に1回出走すれば、18戦程度の出走になりスキルPtも稼げるでしょう。

友情ボーナスでの上昇値が合計70を超えている場合は、レースよりも練習を優先したいので、練習とどちらが効率がいいか判断して出走にしましょう!

トレーニングは基本スピード/スタミナのみ

対人向けライスシャワーのトレーニング優先度は、
スピード>スタミナ>賢さ>その他】です。

最終的にトレーニングレベル5で友情トレーニング重複を狙うために最初の段階からスピード、スタミナ、賢さ以外の育成はなるべく控えましょう。

ジュニア級のうちにスピードとスタミナの練習レベルを2以上にできていれば、育成は順調だと判断できます。

ステータス目安

ホープフルSまでに目指すステータス

スピードスタミナパワー根性賢さ
400300200100150

ホープフルSには必ず出走するようにしましょう。

ジュニア級終了までにスピードを400まで上げることができれば、スピードはほぼ確実にSまで持っていくことができます。

練習レベルも3までは上がっているはずなので、クラシック級以降のステ振りの幅が広がります。

天皇賞(春)までに目指すステータス

スピードスタミナパワー根性賢さ
600600350100300

天皇賞(春)時点で上記のステータスを超えていれば、育成は順調だと思って大丈夫です。

どこか足りない場合は、シニア級の合宿での友情ボーナスで盛り返すようにしましょう!

夏合宿はできる限り休まず賢さ1回+その他3回

シニア級では、宝塚記念→夏合宿になるので、運次第では体力が20減った状態で合宿になる可能性があります。

できる限り休まずに賢さ1回+その他3回や、賢さ2回+その他2回でステータスを伸ばしましょう。

基本は友情トレーニングが来ているスピード、パワー、賢さの中から選択しますが、合宿後の天皇賞ジャパンカップに向けて、最低でもスタミナを350は確保したいので、どこにも友情トレーニングが来ていないタイミングでスタミナのトレーニングを行うのも重要です。

スタミナをSSにしよう

ライスシャワーの育成で最も重要なのが、スタミナをSSまであげることです。

成長率を10%持っているとはいえ、編成に2枚しかスタミナサポカを入れていないため、多少の運要素は絡みます。

あまりにもスタミナがSSいかないようであれば、編成に一枚スタミナを増やすか因子の割り振りをスタミナ多めにしてみてください。


ウマ娘の育成論まとめ

※新キャラ以外は50音順にウマ娘を並べています。

育成ウマ娘育成論
メジロブライト
メジロブライト
URA
アグネスタキオン
アグネスタキオン
URA
アオハル杯
チーム競技場
アグネスデジタル
アグネスデジタル
URA
アドマイヤベガ
アドマイヤベガ
URA
ウイニングチケット
ウイニングチケット
URA
ウオッカ
ウオッカ
URA
アオハル杯
チーム競技場
エアグルーヴ
エアグルーヴ
URA
アオハル杯
チーム競技場
花嫁エアグルーヴ
新衣装エアグルーヴ
URA
チーム競技場
エイシンフラッシュ
エイシンフラッシュ
URA
・アオハル杯
エイシンフラッシュ
新衣装エイシンフラッシュ
URA
エルコンドルパサー
エルコンドルパサー
URA
チーム競技場
新衣装エルコンドルパサー
新衣装エルコンドルパサー
URA
チーム競技場
オグリキャップ
オグリキャップ
URA
アオハル杯
チーム競技場
サンタオグリキャップ
新衣装オグリキャップ
URA
カレンチャン
カレンチャン
URA
アオハル杯
チーム競技場
カワカミプリンセス
カワカミプリンセス
URA
キタサンブラック
キタサンブラック
URA
キングヘイロー
キングヘイロー
URA
チーム競技場
グラスワンダー
グラスワンダー
URA
アオハル杯
チーム競技場
新衣装グラスワンダー
新衣装グラスワンダー
URA
チーム競技場
ゴールドシチー
ゴールドシチー
URA
チーム競技場
新衣装ゴールドシチー
新衣装ゴールドシチー
URA
ゴールドシップ
ゴールドシップ
URA
アオハル杯
チーム競技場
サイレンススズカ
サイレンススズカ
URA
チーム競技場
サクラチヨノオー
サクラチヨノオー
URAシナリオ
サクラバクシンオー
サクラバクシンオー
URA
アオハル杯
チーム競技場
サトノダイヤモンドURA
シンボリルドルフ
シンボリルドルフ
URA
チーム競技場
新衣装シンボリルドルフ
新衣装シンボリルドルフ
URA
スペシャルウィーク
スペシャルウィーク
URA
チーム競技場
水着スペシャルウィーク
新衣装スペシャルウィーク
URA
チーム競技場
スマートファルコン
スマートファルコン
URA
アオハル杯
チーム競技場
スーパークリーク
スーパークリーク
URA
アオハル杯
チーム競技場
ハロウィンクリーク
ハロウィンスーパークリーク
URA
セイウンスカイ
セイウンスカイ
URA
アオハル杯
チーム競技場
タイキシャトル
タイキシャトル
URA
チーム競技場
ダイワスカーレット
ダイワスカーレット
URA
チーム競技場
タマモクロス
タマモクロス
URA
テイエムオペラオー
テイエムオペラオー
URA
チーム競技場
テイエムオペラオー
新衣装テイエムオペラオー
URA
トウカイテイオー
トウカイテイオー
URA
チーム競技場
トウカイテイオー
新衣装トウカイテイオー
URA
チーム競技場
トーセンジョーダン
トーセンジョーダン
URA
ナイスネイチャ
ナイスネイチャ
URA
ナリタタイシン
ナリタタイシン
URA
チーム競技場
ナリタブライアン
ナリタブライアン
URA
チーム競技場
ハルウララ
ハルウララ
URA
チーム競技場
ハルウララ
新衣装ハルウララ
URA
ヒシアケボノ
ヒシアケボノ
URA
ヒシアマゾン
ヒシアマゾン
URA
チーム競技場
ビワハヤヒデ
ビワハヤヒデ
URA
チーム競技場
サンタビワハヤヒデ
新衣装ビワハヤヒデ
URA
ファインモーション
ファインモーション
URA
フジキセキ
フジキセキ
URA
チーム競技場
マチカネタンホイザURA
マチカネフクキタル
マチカネフクキタル
URA
別衣装マチカネフクキタル
新衣装マチカネフクキタル
URA
マルゼンスキー
マルゼンスキー
URA
チーム競技場
水着マルゼンスキー
水着マルゼンスキー
URA
チーム競技場
マンハッタンカフェ
マンハッタンカフェ
URA
ミホノブルボン
ミホノブルボン
URA
アオハル杯
チーム競技場
ミホノブルボン
新衣装ミホノブルボン
URA
メイショウドトウ
メイショウドトウ
URA
チーム競技場
メイショウドトウ
メイショウドトウ
URA
チーム競技場
メジロアルダンURA
メジロドーベル
メジロドーベル
URA
メジロマックイーン
メジロマックイーン
URA
チーム競技場
メジロマックイーン
新衣装メジロマックイーン
URA
チーム競技場
メジロライアン
メジロライアン
URA
ライスシャワー
ライスシャワー
URA
チーム競技場
ハロウィンライス
新衣装ライスシャワー
URA

ウマ娘攻略
ウマ娘攻略Wikiトップページ

コメント (対人向けライスシャワーの育成論)

新着スレッド(ウマ娘攻略Wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる