Gamerch
ウマ娘攻略Wiki

【ウマ娘】ミホノブルボンの対人育成論|チーム競技場

最終更新日時 :
1人が閲覧中

ウマ娘における、対人向けのミホノブルボンの育成論(育て方)について記載しています。育成の攻略ポイントやおすすめサポートカードなどをまとめて掲載していますので、チームレース用のミホノブルボンを育成する際の参考にしてください。

ミホノブルボンのキャラ・サポカ情報

ミホノブルボンの育成論

対人向けミホノブルボンの育成論

対人向けミホノブルボンの育成論

対人向けミホノブルボンについて

ミホノブルボンは上位ランカーの中でも使用率がかなり高く、中距離キャラでは一番使用されているキャラになります。

逃げで使用する機会が多いので、初心者の方でも比較的育成しやすい部類ではありますが、対人で勝てる育成となると難易度はかなり上がるので、これから育成手順やポイントを紹介していきます。

継承で優先すべき因子

優先度因子星の数
スピード9~12
中距離2
賢さ6~9
逃げ1以上
スタミナ6~9
1以上

ミホノブルボンにおすすめの因子は上記6つです。

青因子に関しては、【スピード】は成長率を持っていないので優先度が高く、あとはサポカの編成で賢さキャラを入れるならパワー因子、賢さキャラを入れないなら賢さ因子といったように、足りない方を補う形で継承させましょう。

最終的に目指したいステータス例

最終ステータス目標
スピードスタミナパワー根性賢さ
S+
1050
S
1000
B
600
D+
350
C+
500

最終ステータスはスピードS+以上、スタミナS、賢さC~Bを目指して育成していきます。

適性は因子継承時の運になりますが、芝、中距離、逃げをSに挙げれることができれば理想形になります。

ミホノブルボンのおすすめデッキ

デッキ編成例

[迫る熱に押されて]キタサンブラック[ターボエンジン全開宣言!]ツインターボ[輝く景色の、その先に]サイレンススズカ
[一粒の安らぎ]スーパークリーク[待望の大謀]セイウンスカイ[ようこそ、トレセン学園へ!]駿川たづな

▼サポートカードのタイプ配分

スピードスタミナパワー根性賢さ友人
321

【サポートカードの編成ポイント】

  • 3:2:1が基本系です。
  • 逃げ型なので、ツインターボかサイレンススズカのどちらかは必ず編成したいです。
  • 回復スキル枠としてスーパークリークは必須です。(マエストロは対人戦でデフォルトで取りたい)
  • 凸していることが前提なので、無凸の場合は凸しているSRで代用しましょう!

代用サポートカード

サポートカード名前/特徴/おすすめスキル
[0500・定刻通り]エイシンフラッシュ[0500・定刻通り]エイシンフラッシュ
・スピード枠の代用
・回復イベントが優秀
一陣の風の下位スキルを入手できる
末脚/直線加速
[一流プランニング]キングヘイロー[一流プランニング]キングヘイロー
・スピード枠の代用
・イベントで末脚
・凸で得意率が高い
末脚/詰め寄り
[カワイイ+カワイイは~?]マヤノトップガン[カワイイ+カワイイは~?]マヤノトップガン
・スタミナ枠の代用
・キタサンブラックの下位スキルのヒントを入手できる
・初期絆ゲージを持たない
[マーベラス☆大作戦]マーベラスサンデー[マーベラス☆大作戦]マーベラスサンデー
・賢さ枠の代用
・速度、デバフ系のスキル
・得意率が高いのも魅力
直線巧者/ペースアップ
イベント逆引きチェッカーはこちら

おすすめのスキル・習得タイミング

スキル習得例

スキル習得例

中距離逃げ型なので、金回復スキルと金速度スキルは必ず取るようにしましょう。

最初から最後まで逃げ切るために「コンセントレーション」や「末脚」で先頭を維持できるスキルも取っておくと勝率が高くなります。

狙いたいヒントについて

ターボ・スズカのヒントはなるべく追う

ツインターボサイレンススズカ

ほぼ全て逃げに特化したスキルを取ることができるツインターボやサイレンスズカのヒントは可能な限り取りたいです。

ただし、なるべくスピード、スタミナ、賢さでヒントが出ているときにヒントを取るようにしましょう。

他にもスーパークリークの「末脚」や「コーナー回復」も取れるといいでしょう。

スキルの習得タイミングについて

序盤でスキルを取る場合は必要最低限のみ

基本的にはヒントレベルを上げてから習得したいので、育成中にスキルを取る際には慎重に取るようにしましょう。

ただし、目標のレース達成が不安な場合などは、「円弧のマエストロ」や「コンセントレーション」といった発動に条件が無いオレンジスキルや、「先手必勝」などの逃げ系のスキルを習得しましょう。

緑スキルやデバフスキルは最後にまとめて取る

育成中にデバフスキルや緑スキルを取るのはやめましょう。

デバフスキルと緑スキルは、育成後に取ることでヒントレベルを逃すこともなく、全てのスキルが揃った中で選べるので、スキルPtを無駄にする可能性がなくなります。

取るべきスキル

スキル取得できるキャラ取得pt
スキルレベル1でも取っていいスキル
弧線のプロフェッサーキタサンブラック350
円弧のマエストロスーパークリーク360
コンセントレーションたづな280
逃亡者サイレンススズカ360
脱出術セイウンスカイ360
スキルレベル3以上で取るスキル
先手必勝本人、ツインターボ240
逃げのコツサイレンススズカ110
逃げ直線サイレンススズカ100
逃げコーナーサイレンススズカ170
末脚スーパークリーク170
伏兵セイウンスカイ90

スキルは合計10個は取りたい

スキルの取得個数は金スキル3個+通常スキル7個が最低ラインです。

チーム競技場で安定して勝ちたい場合は金スキル4個以上は取っておいた方がいいでしょう。

配分としては加速系4:回復2~3:緑2:デバフ1がおすすめです!

ミホノブルボンの育成立ち回り

ミホノブルボンの目標レース

目標育成目標の達成条件距離レース場
目標
ジュニア級メイクデビューに出走マイル中京
目標
朝日杯FSで5着以内マイル阪神
目標
スプリングSで5着以内マイル中山
目標
皐月賞で5着以内中距離中山
目標
日本ダービーで5着以内中距離東京
目標
菊花賞で3着以内長距離京都
目標
天皇賞(春)で3着以内長距離京都
目標
ジャパンCで2着以内長距離東京
目標
有馬記念で1着長距離中山

☑意識するポイント

目標以外で10戦程度出走
トレーニング優先度はスピード>スタミナ>賢さ>その他
序盤の日本ダービーまでにスピード400
夏合宿の友情トレーニングでスタミナを盛る
目標中に取るスキルはヒント3以上で条件が無いもののみ
スピードが1200を超えないように調整する

目標以外で10戦程度出走

ミホノブルボンは目標レースとURAを合わせて全部で12レースしかありません。

目標レースとURAだけでクリアしてしまうと、圧倒的にスキルが足りなくなってしまいますので、最低でも目標外で6レースは出走するようにしましょう。

対人戦で勝つためにはステータスと同じくらいスキルが必要になるので、G1レースには片っ端から出るイメージでいるといいでしょう。

おすすめの中距離レース

開催日レース

宝塚記念
クラシック級6月後半
シニア級6月後半

大阪杯
シニア級3月後半

天皇賞(秋)
クラシック級10月後半
シニア級10月後半

おすすめはクラシック級とシニア級で「宝塚記念」、「天皇賞(秋)」を2回ずつと、クラシック級で「大阪杯」と「ジャパンカップ」、「有馬記念」に1回出走して、合計19レースに出走するのがおすすめです!

友情ボーナスでの上昇値が合計70を超えている場合は、レースよりも練習を優先したいので、1~2個余分にレースを増やしていますので、練習とどちらが効率がいいか判断して選ぶようにしましょう!

トレーニングは基本スピード/スタミナのみ

対人向けミホノブルボンのトレーニング優先度は、
スピード>スタミナ>賢さ>その他】です。

基本的には最終的にトレーニングレベル5で友情トレーニング重複を狙うために最初の段階からスピード、スタミナ、賢さ以外の育成はなるべく控えましょう。

ジュニア級のうちにスピードとスタミナの練習レベルを2以上にできていれば、育成は順調だと判断できます。

日本ダービーまでにスピードを400まで上げる

日本ダービーまでに目指すステータス

スピードスタミナパワー根性賢さ
400300250100200

日本ダービーは目標レースでの中距離レースです。

5着以内でクリアできますが、正直1着で勝利したいので、スピードはCまで上げておくようにしましょう。

日本ダービー以降はスタミナも重要になるので、スピード練習に専念できるのはここまでだと思っていいでしょう。

夏合宿はできる限り休まず賢さ1回+その他3回

クラシック級では、宝塚記念→夏合宿になるので、運次第では体力が20減った状態で合宿になる可能性があります。

できる限り休まずに賢さ1回+その他3回や、賢さ2回+その他2回でステータスを伸ばしましょう。

基本は友情トレーニングが来ているスピード、スタミナの中から選択しますが、合宿後の菊花賞有馬記念に向けて、最低でもスタミナを500弱は確保したいので、どこにも友情トレーニングが来ていないタイミングでスタミナのトレーニングを行うのも重要です。

スピードとスタミナのステータスは揃える

ミホノブルボンを育成していく中で最も意識してほしいのが、スピードとスタミナのステータスを揃えるイメージで育成することです。

実際には揃うことはないですが、どちらかを優先させようとするとどちらのステータスが足りなくなる場合が多く、イメージ上だけでもスピードとスタミナのステータスは揃えるようにしましょう!

特に、シニア級の天皇賞・春までにスピードとスタミナのステータスがB+以上で揃っていると育成に成功していると思って大丈夫です!

育成完了後の感想

最終ステータス

最終ステータス

惜しくもA+には届きませんでしたが、なかなか強そうなミホノブルボンを作成することができました!(夜ふかしさえなければ......。)

パワーと賢さがもう50上がれば、CLASS6維持は余裕になるでしょう。

競技場での勝率は?

競技場での勝率は?

5回ほど競技場で戦ってみましたが、全勝することができました!

ポイントも上位ランカーほどではないですが、安定したポイントを取ることができています。

ミホノブルボンの需要は今後も高いのは間違いなさそうです。


▼ チーム競技場の育成論まとめ ▼

☆3キャラの育成論

  • アニメメジロマックイーン
  • トウカイテイオー
  • オグリキャップ
  • テイエムオペラオー
  • トウカイテイオー
  • ナリタブライアン
  • ナリタタイシン
  • ビワハヤヒデ
  • ミホノブルボン
  • スペシャルウィーク
  • シンボリルドルフ
  • サイレンススズカ
  • タイキシャトル
  • メジロマックイーン
  • マルゼンスキー
  • ライスシャワー

☆1・2キャラの育成論

  • スーパークリーク
  • ゴールドシップ
  • サクラバクシンオー
  • アグネスタキオン

▼ URA安定優勝の育成論まとめ ▼

☆3キャラの育成論

  • 新衣装エルコンドルパサー
  • 新衣装グラスワンダー
  • ヒシアマゾン
  • セイウンスカイ
  • 花嫁マヤノトップガン
  • 花嫁エアグルーヴ
  • ナリタブライアン
  • スマートファルコン
  • ナリタタイシン
  • カレンチャン
  • アニメ衣装トウカイテイオー
  • アニメ衣装マックイーン
  • ビワハヤヒデ
  • ミホノブルボン
  • スペシャルウィーク
  • サイレンススズカ
  • テイエムオペラオー
  • マルゼンスキー
  • シンボリルドルフ
  • トウカイテイオー
  • メジロマックイーン
  • ライスシャワー
  • オグリキャップ
  • タイキシャトル

☆2キャラの育成論

  • ゴールドシップ
  • ダイワスカーレット
  • エルコンドルパサー
  • マヤノトップガン
  • エアグルーヴ
  • スーパークリーク
  • グラスワンダー
  • ウオッカ

☆1キャラの育成論

  • メジロライアン
  • アグネスタキオン
  • ウイニングチケット
  • ナイスネイチャ
  • サクラバクシンオー
  • キングヘイロー
  • ハルウララ
  • マチカネフクキタル
育成論一覧まとめはこちら

ウマ娘攻略
ウマ娘攻略Wikiトップページ

コメント (対人向けミホノブルボンの育成論)

新着スレッド(ウマ娘攻略Wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる